FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博士の愛した数式

410401303X博士の愛した数式
小川 洋子
新潮社 2003-08-28

by G-Tools

今年最初の読了本。ハードカバー版を、父から譲り受けたもの。
年末、文庫になったのを見て焦って読み始めたのでした。

17年ほど前に遭った事故の後遺症で、80分ごとに記憶をリセットされてしまう「博士」のもとに家政婦として派遣された「私」。
博士は数学にしか興味を持たず、数字の話しかしない。靴のサイズはいくつか、電話番号は何番か、……博士は尋ね、その数字からさまざまな数学の魅力を説き始める。
ある日「私」に息子がいると知った博士は、子供を一人でいさせるのはいけないと家に連れてこさせる。博士は息子を「ルート」と呼び、惜しみない愛情を注いだ――。

とてもやさしく、とてもせつない話だった。
80分で記憶をリセットされてしまうという状態を、私はなかなか簡単に想像することはできない。
けれど、一瞬一瞬の積み重ねの上に「今」があるという真理は、今までどれだけ私を救ったかしれない。それが「博士」にとっては真理ではないのだと想像したら、それだけで足元が崩れそうな気持ちになる。
80分ごとに、自分の存在に不審を抱くことになるとしたら、私はとても正気ではいられないだろう。
想像するだけでも暗く深い混沌に陥ってしまいそうな設定なのに、この小説はただただ優しく博士を受け入れる。なんだか不思議だった。不思議で、苦しかった。これだけの障害を前に、優しいだけの空気がそこにあることに、ひどく落ち着かない気持ちにさせられた。

そしてまた、数学の神秘に心奪われた。作中で語られるさまざまな数の秘密に、とてもわくわくしながら読んだ。数学は好きじゃないけど、こういう数学は好きだな~。
「私」がひとつひとつ地道に友愛数を探すという行為は、そのまま博士への態度につながっているような気がする。

映画化するそうですねー。深津絵里、合っている気がします。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://blackblank.blog17.fc2.com/tb.php/36-70626655

「博士の愛した数式」(小川洋子/新潮文庫)
オススメ度:☆☆☆☆★オススメ対象:数学はニガテというあなたへ。オススメポイント:江夏豊ツッコミポイント:博士といっしょに息子の心配をする雷のシーンは心配のための心配
博士の愛した数式 明日公開
 明日21日、いよいよ「博士の愛した数式」が公開される。その影響か、未完成にも関わらず解説編にたくさんのアクセスを頂いているようなので、時間を見つけて仕上げようと思う。しかし明日は渋谷幕張中学へ入試の応援。取りかかれるのは来週かな。 映画をご覧になられた方
小川洋子『博士の愛した数式』新潮文庫
以前から話題になっており、映画化もされるので手にとってはみたものの、どちらかというと文系人間の私には、とっつきにくい内容なのではないだろうかという思いが、どうしてもぬぐいきれなかった。しかし、読み進めていくと、さしたる数学的知識が必要なわけでもなく、ぐ

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。