スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマシタトモコさん新刊3冊

★BLです(※1冊は女性誌)

9月にヤマシタトモコさんの新刊が3冊も出てびっくりした。
タイミング合っただけにしてもすんごい量描いてるなこの人…。

とはいえ、出せば出すほどこの人の作品は自由度が上がってく気がします。出せば出すほど(そしてホモから離れていくほど)好き度が上がる。珍しいな、こういう作家さん。
(だいたいは出せば出すほど作品の重みがなくなって、どうでもよくなってくる)

とくに9月に出たやつはほんと3冊とも好きだなあ。 てなわけで感想。

* * *

MO’SOME STING (ゼロコミックス)MO’SOME STING (ゼロコミックス)
(2009/09/10)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る

ヤクザと自殺志願の弁護士と追手から逃げる女子高生の話。
クマちゃん(女子高生)がとにかくいい~!大好きだこういう子。ヤマシタさんの描く女の子はイキがよくて勘もよくて大変好ましい。ヤマシタさんの作品はBLだろうがホモだろうがかまわずに女性がばんばん出てくるところが好き。対比として出てくるわけじゃなくて人間のひとりとして登場するので男も女も関係ない、と言われてるみたいで非常にすがすがしい。そんなわけで、ホモが出てきますがこれBLなのかはちょっと謎…。
キャラ萌え作品と作者自身が言ってますが、まさに…。名前がみんな動物なのもひそかに好きポイント。キャラ的に個人的ツボはドエスなキツネさんですが、実際にいたら絶対に関わりたくない。
これ長いスパンでシリーズ化してほしい。

* * *

Love,Hate,Love. (Feelコミックス)Love,Hate,Love. (Feelコミックス)
(2009/09/08)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る

これだけBLジャンルじゃないのかな。女性誌で連載された作品。白状するが3冊のなかで一番好きかもしれない。というか自分の漫画の好み的に一番馴染みのある雰囲気の漫画。大学教授のオッサンとバレエ一筋で生きてきたアラサー女子(処女)のお話。ああなんつーかすげえよくわかるよこの主人公の男の人に対する感情。「おまえって言わないでよ」てすげえわかる!てなんか衝撃受けた。
あとバレエに対しての気持ちも。好きなものって長く関わるとすきかどうかわからなくなるんだよね、それでもきっと離れられないもんなんだよなあ。すきを取り戻したときのあのなんともいえない感動って、忘れがたい(まあ、すぐに忘れちゃうんですけど)。

* * *

YES IT’S ME (MARBLE COMICS)YES IT’S ME (MARBLE COMICS)
(2009/09)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る

短編作品集。
一番最初の美大の話が好きだー。かわいい。(でもこの作品の中で何が一番興味深いかって春画をうふふって抱えてった美女がどんな恋愛をしているのかだったりする←本題に全く関係ない)
そして表題作が好きだー。ナルシストが恋に目覚める瞬間。自分ダイスキ男が性格悪いわけじゃないのがヤマシタテイストだなあと思う。
どこもかしこも確信犯だらけの1冊だなあと思うんだ。
そしてこの1冊の中で一番心に残ったのが最後の「夢は夜ひらく」。女の人になりたいコスメショップ店員(男)のお話。なんかジェンダーを扱っているせいかよしながふみさんみたいな印象もあるんだけど、そうかまあようするに私がジェンダー作品が好きなんだよな。ホモ作品に求めてるものってジェンダー考察みたいなところもあるし…。自分が認められない自分を認める過程、みたいなものが描かれてる作品が好きなんだよねえ。(だから最近のBLが好きじゃないんかも)

前に美容院でスタイリストさんと話してたときに「女装趣味の男の人」の話になって、「奥さんとかどう思ってるんですかねー。傍から見たら『キモッ』としか言えないようなオジサンなんですよねああいう人って」と言われてなんだかいたたまれなかった気分を思い出した…。奥さんならともかく、アカの他人がキモッとか言う権利はないと思うんだ、思うのはしかたないけどさ、本人だってそんな自分を認めかねているんじゃないかと思うんだよねえ。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://blackblank.blog17.fc2.com/tb.php/247-2b4551ed

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。