FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手塚治虫展

生誕80周年記念特別展「手塚治虫展」~未来へのメッセージ
2009.6.18 江戸東京博物館

1200383615_206.jpg  1200383615_182.jpg

行ってきました。
幼少時からの年代順におおまかに分けて作品原画等を展示。映像や写真など当時の暮らしぶりがわかるような資料もあって、そこまで詳しくない私でもすごく観やすかったです。
阿修羅展の100分待ちを体験した後だからかもしれませんが、いい具合にすいててゆっくり見れて大満足♪4時間も居座ってじっくり見てきました。

小学生の頃に描いたという緻密な昆虫画にびっくり。
そして生原稿がすごかった。よく考えるとあの時代の生原稿をこんなに近くで見たのは初めて。薄墨とか赤との二色刷りとか、あと修正の仕方とかコマの切り貼りとかカケアミとか、最近の生原では見られない手法がたくさん見れて興奮。わ~ほんとにこうしてやってたんだ、という妙な驚き。。原稿の大きさがバラバラだったりとかトーンが一切ないことにも興味津々。
カラーの美しさにも驚いたー。図録を買ったけど、モノクロ原稿もカラー原稿も現物とは全然違ってて残念。本物もっと綺麗だったのに~。

作品ごとのメッセージとか変遷もわかりやすくまとめられてて、観ながらちょっと泣きそうになったりして。アトム→アニメーション→BJ→火の鳥、と大きな流れがあっていろいろと胸に迫るものがありました。やっぱり伝えたいことがちゃんと胸にあって作品を描けるかどうかって大きな違いだと思う。漠然と「こういう手法で」「こういうコンセプトの」作品を作りたい、といって作るのと、その人自身の人生から湧いて出てくる思いがあるかって全然違うもんなあ。最近の漫画にも小説にも映画にもそういうものが足りない…。

ちょうど就職セミナーを受けた帰りだったってこともあるかもしれませんが、ちゃんと勉強し続けてたくさんのことを学び続けて生きていかなきゃなあ、とすごく刺激を受けました。好きなことしてるときだって意識ひとつで生かせるか生かせないかって決まってくるもんなー。いろいろ自分に足りないことだけ考えて鬱々としていましたが、自分なりの目線で学んでいけばいいじゃない、大切なのは学ぶことだもの、って、ちょっとスッキリしました。

そんなこんなで大変よかったです、手塚展。
21日で終了だったので、もっと早く行っとけばよかった…と今さら後悔してます。何度か行きたかった…。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://blackblank.blog17.fc2.com/tb.php/240-725e6868

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。