FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲキ×シネ「五右衛門ロック」

2009.5.29 新宿バルト9にて鑑賞
脚本:中島かずき 演出:いのうえひでのり
出演:古田新太、松雪泰子、江口洋介、森山未來、川平慈英、濱田マリ、北大路欣也、高田聖子、橋本じゅん、粟根まこと、冠徹弥、ほか

劇団☆新感線の舞台が映画館で観れちゃうよ!
という企画「ゲキ×シネ」。
(形態は映画なんだけど内容は舞台なのでカテゴリは「舞台」にしておきます。)

「五右衛門ロック」
天下の大泥棒、石川五右衛門の活躍?をロックミュージカルで描いた舞台です。
釜茹でにされたはずの五右衛門が実は生きていて、女盗賊のお竜と南蛮商人たちとともに南の島にある秘宝を盗みに行く、という話。



面白かった!スカッとした!
そうそう、これでいいじゃない!
気分爽快!単純明快!

新感線らしさがよくでた、それでいてまたスペシャル感あふれる豪華な舞台だったと思います。五右衛門といいながら話はルパンの映画みたいな感じ。なのでルパンと殺陣と踊りとロック(わりとこう懐かしいベタなロック)が好きな人には無条件にオススメします。
GOEMONよりこっちを観たらいいよ!マジで!

お話はほとんどネタバレになっちゃうのであれて触れずに。
キャストの素敵なところなど語りますよ。
(長くなったのでたたんでおきます)



何より森山未来くんのダンス素晴らしかった。タップもできてバレエもできてお歌も歌えて演技もうまいなんて最高じゃないかコノヤロウダイスキだ!
顔のメイクはアイラインを長くひいてすだれのような前髪に長髪…どこの早乙女太一かという微妙な美青年ぷりなんですが、これがそれでもすんごいかっこいい&かわいいんだよねえ…。
なんというか落差がすごい。弱い役どころでしょぼくれたり不貞腐れたり逃げたり情けないんだけど、それでも表情がものすごい力があって。
彼が立つとなんとなく全体が(会場も劇場も)しんとする感じ。そんくらい人をひきつける力がありました。
笑いのセンスというか、緩急のバランスもいいんだよねえ。

あと松雪泰子さんのおみ足が…すばらしくエロい…(笑
画面越しなのにドギマギしてハァハァしてしまいましたorz
役どころがルパンの不二子ちゃんみたいなセクシー路線でしたので、まあ無理もない(笑
てかほんとに新感線は女が一筋縄じゃいかないのが好きだー。小悪魔なんだけど自分の欲望に忠実で、それでいて情も義もそれなりにしっかり持ってる。
松雪さんも踊りの場面がありましたが、あの踊りはあきらかに「フラガール」があってこそ、な腰の動きでした。色っぽいー。

江口洋介さん。映画「GOEMON」では五右衛門役でしたがこちらでは彼を追う左門字という役人の役。五右衛門を宿敵と地の底まで追いかける…ルパンでいうとこの銭形親分。
いやーよかったです。ていうかモロ銭形の旦那でした(笑
生き生きしてて楽しそうでバカで情に厚くて…かわいい!!
江口さんもギターを弾いて歌う場面があり。

南蛮商人役の川平慈英。くるくるとよく回ってましたテンション高えwww
南蛮商人、2人いるんですけど、よく観ると羽織ってるマント?ケープ?の背中にシャネルとヴィトンのロゴがデザインされてていかにもな胡散臭さをかもし出してましたw ネタが細かいww そしてあからさまwww
「誠心誠意ぼったくり★心をこめてぼったくり★」ww

濱田マリちゃん好きだー。かわいいー!
北大路欣也www豪華キャストwww
さすがの貫禄でした。役どころも素敵であった…

毎度おなじみの古田新太さん、高田聖子さん、橋本じゅんさんなどもやっぱり素晴らしいー。出るだけで笑いを起こさせる才能ってすげええww
古田さん主演なんですけどこの人ほんとに顔と動きと声の落差がすごいんですよね…舞台に立ったときに何より声ってすごい力を持ってるんだって否応なしに気付かされる。古田さんの声もカツゼツもすごいんですよ。あとあんな太ってるくせに殺陣のキレがやっぱいいんだよー。いつも舞台で古田さんを観て「かっこいい…!!誰だあれを三枚目だなんて言ったの!」って思っちゃって、なんか負けた気分になります(笑)顔はどう見たって三枚目以外の何ものでもないのに…笑


あとやっぱ逃しちゃいけないポイントは歌!
冠徹弥さんの歌やっぱりすごい!(DMCでクラウザーさんのお歌を歌ってた人です)
キャストの歌にしてもあのわりとベタなメタルロック演歌たまらなく好きです…笑。五右衛門ロックのテーマで一緒に掛け声かけたいー!ww


新感線ってキャストの得意技を舞台にちゃんと生かしてくれるのがいいよなーと思います。そんでその方向性バラバラの特技をひとつの舞台に納めて違和感なくしちゃう懐の深さがあると思うんだー。
ステージの見せ方もうまいから、殺陣も踊りも見ごたえある(これは個人的には後方から俯瞰するのが一番綺麗なんだけど)。




印象に残ったクガイ王のセリフ。
「義と情を混同すると、人の道を見誤るぞ」
あああー深い言葉だなー。



上映時間は休憩込み4時間、チケは2500円と普通の映画にしたら割高ですが、舞台一本観ること考えたら格安。
今回は関東と関西の9劇場のみですが、秋には地方劇場でも上映があるみたいです。
興味ありましたらぜひ観てみてください。新感線おもしろいよ!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://blackblank.blog17.fc2.com/tb.php/234-dc0dd63b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。