FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOEMON

2009.5.2 ピカデリー新宿
監督:紀里谷和明
出演:江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ほか

GOEMON、観てきました~。
まずなんといっても映像美がすごい!大迫力のCGでした。
映像に少しでも興味のある人なら、これだけでも映画館に行く価値はあると思います。
そして衣裳とか美術とか、国籍のわからない世界観もおもしろかった。
場面変わるたびに「どこの国だよ!」てツッコミつつでしたけど(笑

主人公は石川五右衛門。
天下御免の大泥棒が、実は過去、織田に仕える忍だった…という設定。
そして、織田信長を殺したのは、本当は… というドラマチックな展開もあり。。
あまり話に期待しないで行ったんだけど、あらら、思いのほか面白いじゃない!というのが第一印象。意外性もあったし、2時間しっかりひきつけられたし、ドラマチックで。


ただね、なんかこう…やっぱりお話的にはひとつ足りない感じ。
そして焦点が定まらない感じ。
観た直後は、面白かったな~!て興奮できるんだけど、感想を書こうとして振り返ると、アレレ?なんか、意外にあちこち、もう一歩って感じ…… という。
ドラマチックなのに、人の感情があまり描かれていなくて、中途半端。
どっかにひとつでいいから、愛憎とか強調したらよかったのになあ…そしたら心底文句なしに面白い作品になったと思うんだけどなあ。


↓以下は個人的主観による役者さんへの感想などなど。


五右衛門が主人公なのにちょっと印象薄かったです。なにが一番記憶に残ったかって、水浴びのときの裸のあまりの美しさ…。。もう本当に素晴らしい体でした。笑。服が意外に地味でねえ、着ちゃうのもったいないくらいでしたよ。

あと、石田三成が要潤だったんですけどこれは最高によかったです。一番人間らしかった。なんて屈辱に顔を歪める役が似合うんだ…。


んでこれが一番の目当てと言ってもおかしくはない、佐藤健くん。
大沢たかおが演じた才蔵の青年時代役ということで、ワンシーン(回想)のみ…ではありましたが、綺麗にとってもらえててよかった。修行のアクションも少しあって、美しい…。見惚れますよ。私ならあそこだけエンドレスで観ていられる…(笑
一瞬だけでもったいない。今度ぜひ、忍者役で何か作品を。こんな一瞬じゃなくて。笑。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://blackblank.blog17.fc2.com/tb.php/233-5a95cd69

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。