FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キサラギ(舞台)

2009.4.16 19:00~ 
「キサラギ」(舞台)
世田谷パブリックシアター
原作脚本:古沢良太
舞台脚本:三枝玄樹
演出:板垣恭一
出演:松岡充、今井ゆうぞう、佐藤智仁、中山祐一郎、今村ねずみ



アイドル・如月ミキの一周忌に集まった5人の男。
彼らはインターネットの掲示板で知り合った常連で、ミキの思い出話に花を咲かせていた。
ところが突然「如月ミキは自殺じゃない。殺されたんだ」と言い出した人物が。
それをきっかけに次々明らかになる5人とミキの関係。
愛憎渦巻くやりとりと推理を重ねるうちに、やがて5人はひとつの結論へと辿り着く…。



映画でも大好きなお話だったので、脚本ほとんど変わらないと「やっぱり小栗旬のほうが…」とかつい思ってしまうんだけど、役者さんの力もあって途中から気にならなくて引き込まれました。それぞれが映画とは少しずつ違っていて、これはこれで素敵だったな。

何度観ても脚本が秀逸。
映画だときっちりと画面の中でお話が進む感じだったんですが、舞台で観ていたら、中盤でバラバラっとあちこちに散らされた事実が、後半でパズルみたいにキレイに拾われて収束していく様子が目に見えるみたいに感じ取られて、それがまた面白かったなあ。空間の効果といいますか。
最後のほうで広い舞台の隅々からいろんなピースが中央にぎゅう~って集まっていくみたいで、思わずため息が漏れました。
自分の大切な相手への思い、近くにいたい、支えになりたいという思い。ともすると一方通行でキモイと言われてしまいそうだけれど、それがちゃんと相手に届くってことの幸せ、共有する仲間がいるということの幸せを、じんわり感じることができる。テンション高くて感情の起伏がすんごいんですが、辿り着く先がせつなくて暖かくて、それでもどこか笑える…素敵なお話でした。



そもそもこれが目当てだった佐藤智仁氏は、なんと映画ではドランクドラゴン塚地が演じた空気の読めない田舎男の役。びっくりした…テンション高いわウザいわキモいわで役としては大正解。けど最終的にはすんごく可愛く見えてきちゃって困惑した…。
最後の最後にアイドル曲に合わせてピンクのハッピ着て踊る場面があるんだけど、ここの智仁氏が死ぬほど可愛くて…!(悶)ずっと「やばい、可愛い」って呟きながら観てました。あー、予想外にもしっかりアイドルなんだなあ、このヒゲ男。
…私、智仁氏に普段はあまりときめかないんだけど…
加賀美(@カブト)のときだって全然ときめかなかったのに…
思わず友だち(観劇済み)に電話かけて「なんかちょう可愛かったんだけど最後の!!」とか叫んでしまったくらい。
松岡充さんも今村ねずみさんもたいそう可愛かったのに、なぜか智仁に全部持ってかれちゃった…。

映画版と話はほとんど同じだったんだけど、唯一といっていいほどの違うところが、松岡氏演じる家元がミキちゃんに送ったのがファンレターだけじゃなく「歌」もだったっていう…笑。 劇中でいじけながら歌うの、可愛かった(笑
あ、あとミキちゃんのお歌も違ったよ。これ映画のときはほんっとーにヘタで笑ったけど、今回は普通に上手でちょっとガッカリ(笑)。ミキっぺは歌がヘタでいいんだよ!そこがいいってみんな劇中で言ってたじゃない!



世田谷パブリックシアターいい劇場でした。広すぎず狭すぎず。ちょっと椅子が高いのがチビっ子にはきつかったけど…。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://blackblank.blog17.fc2.com/tb.php/230-0ef9a18b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。