スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラリー イン ア マンション 1

LARRY IN A MANSION 1 (1) (バーズコミックススペシャル)LARRY IN A MANSION 1 (1) (バーズコミックススペシャル)
(2008/07/24)
猪股 ユキ

商品詳細を見る


猪俣ユキさん原作。猪俣さんって、昔「キュン」のCMに出ていた子だよね。雰囲気があって好きでした。最近では映画監督なんかもしているということで、へえ~と思ってたのですが、これは猪俣さんの舞台を六本木綾さんが漫画化したものだそうで。

海岸沿いにあるマンションには、ばらばらな土地で育ち理由があって辿り着いた住人たちが住んでいる。部屋には動物の名前がつけてあって、住人たちはそれぞれの部屋の名前で呼び合っている。タイガー、スネーク、ウルフ、チーター、キャット、ラビット、クロコダイル。
クロコダイルは突然姿を消した。スネークもいつからか姿を見せなくなった。
そしてある日突然、マンションに新しい客がやってくる。その客は「スネークに教えてもらってここに来た」という…。

それまでほとんどお互いのことを深く知らなかった住人たち。
それぞれが過去に抱えたなんらかの事情が少しずつ語られていきます。なかでも名前も持たず悪い仲間・Rに騙されていたというチーターの過去は哀れで泣けるものがあります。「疑いこそが最大の裏切りだ」というウルフの言葉はぐさりと刺さった。
少しずつ変化していく住人たちの関係、Rの今後、そしてクロコダイルとスネークの行方など、今後の展開が気になります。異国のような舞台も、雰囲気ある言葉も情緒的で好き。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://blackblank.blog17.fc2.com/tb.php/195-06112dfd

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。