FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム・バチスタの栄光 上・下

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫 599)チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫 599)
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫 (600))チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫 (600))
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る


医大の有能手術チームで立て続けに起こった術中死。その理由について調査することを命じられた、のは、不定愁訴外来(別名「愚痴外来」)で、日々病院への不満応対をしていた田口。なぜ自分が?と思いつつ、田口はチームのメンバーに聞き取りを始める――。



映画化もされ、面白いと評判だったので読んでみました。

田口のちょっと斜に構えた姿勢のせいか、最初はちょっと読みにくかったです。が、それに慣れてしまえば…というか田口以外の人物のほうが一癖も二癖もあったので、田口が普通に見えてきたという(笑)。
上巻はややテンポが悪いのですが、下巻はとにかく破天荒なキャラの登場と展開で一気に読めてしまいました。しかしあまりに上下巻でテンポが違うのも疲れるので、1冊で一気に読むほうがいいかもしれない。

失礼ながらミステリ的な部分はわりとどうでもいいというか、最初の流れと事件の真相はあまり結びついていないような気がするのですが、人間関係や性格の書き方が面白かったです。術中死にまつわる推理そのものよりも、高階病院長の政治的才能、高階に対する田口の複雑な感情、事件の真相が明らかになった後の始末のつけかたのくだりなんて、たまらない。
ひとえに田口先生のお人よしで騙されやすい(けどどっかひねくれていて、たまにすごい回転する)人柄がかわいかった。田口って、たぶん「人が何をしてほしいか」ってことだけよく見える人なんじゃないかな。さすが不定愁訴外来。
ただ性格的なところからのアプローチが多いわりには、その方法や効果の説明があまりなくて、知的好奇心が中途半端に満たされない…。そして心理的な部分についても、もうちょっと掘り下げてもよかったんじゃないかなあ…と思いました。まあこのへんは好みですけどね。

例によって「桐生・鳴海」のエリート義兄弟コンビ(お互いが相手を傷つけたことに負い目を持って必死で相手の役に立とうとしてるんだぜ…萌え…)と「高階・田口」のコンビ(喰えない者同士、騙されたり騙されたり騙されたりしつつ、でも高階を尊敬している田口)にきゅんとしました。ここらへん、たぶん腐女子向け。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://blackblank.blog17.fc2.com/tb.php/193-72f6396d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。