FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤朽葉家の伝説

赤朽葉家の伝説 赤朽葉家の伝説
桜庭 一樹 (2006/12/28)
東京創元社

この商品の詳細を見る

山陰地方。山脈の奥に住むといわれる「山の人」に置いていかれた万葉は、気のよい夫婦に拾われ、成長した。変わり者で文字も読めない万葉には、未来視の能力があった。万葉は、山の上で製鉄業を営む旧家・赤朽葉家に嫁ぐことになった。それが「わたし」の祖母である――
「千里眼」の祖母、不良として名を馳せたのち少女漫画家として大活躍した母、そしてとりたてて語ることもない「普通」のわたし。
戦中・戦後から高度経済成長、バブル崩壊から平成へと長い時代を経て語られる、女三代の物語。

* *

最初ちょっと怖い話なのかと思いましたが、そんなこともなく、一気に読み終えてしまいました。
大河ともミステリとも違う、不思議な小説。時代ごとの言葉で語られる少女たちの姿。はかなく悲しくも、強い女たち。時代に翻弄され、土地や家に翻弄され、男や運命や…さまざまなものに翻弄され生きた二人の女性と、現代に所在無く立ち尽くす「わたし」の物語。
最後には「わたし」によって、それぞれの死の真相が探られる。
「わたし」こと瞳子の物語は前の二人に比べると少しさびしいくらい地味なのだけれど、瞳子は語り手であり、同時代の人間にとって前時代ほどのドラマがないのはそもそもあたりまえだろう。後世、ほかの誰かに語られることがあったら瞳子の人生もまたドラマチックになるのかもしれない。

「わたしたちは、その時代の人間としてしか生きられないのだろうか。」

すべてはこの一言なんじゃないかと思う。
読み終えて、私が生きている時代はいったいどんな時代なんだろう、とぼんやりでも考えずにはいられない。
* *

私の年齢は、ここに語られた3人の女性たちの誰とも微妙に重ならない。そのおかげでかどの女性も微妙に遠い感じであった。戦後の旧家も、レディース暴走族の時代も、今のニートたちも、同世代という感覚は持てない。最も近いのは万葉の末っ子・孤独ちゃん。早い時期に諦念にとりつかれ学校にもいかずに暮らした彼がいちばん私の世代に近い。

私が10歳を過ぎた頃、昭和が終わり、ベルリンの壁が崩れ、宮崎事件が起こり、湾岸戦争が始まり、バブルがはじけ、就職しようかという頃には就職難時代がやってきた。目の前でなすすべもなく崩壊して変化していく世界を、大人たちが希望をなくしていく姿を見つめながら、反抗することも目標を見つけることもできず立ち尽くしていた。私は自分の学生時代を振り返るとき「世紀末」の影響を考えずにはいられない。世界は終わるんだという根拠のない諦念の中、それを裏付けるように世界が壊れ、絶望が広がっていくのを常に目の前で見てきた。
そして私が大学を卒業するころ何事もなく世紀末は過ぎ、あっけなく21世紀がやってきた。
……なんだ、人類滅びなかったじゃん。生きてんじゃん、うちら。
もちろん世の中がそれで一気にいいほうに向かったわけじゃない。今も世界は壊れ続けているのかもしれない。でも、少なくとも10年前みたいなわけのわからない不安感はもうあまりない。そういう年頃だったと言われたら否定できないんだけれど。

でも、この本を読んでぼんやりと考えていた。
私たちの世代は、戦後初めて、絶望と希望を同時に語れる世代なのではないだろうか?
あまりに漠然とした感覚でうまく言葉にできないのだけれど。
絶望から希望、でもなく、希望から絶望、でもなく。それは同時にここに在るもので。私たちは生きている。それ自体が絶望であり、希望であるような気がしてならない。
うーん、なんだか電波な感じになってきた。ごめんなさい。

私たちは、生まれる時代を選べない。どんな時代にだって、それなりの悲しさもよさもあって、そこにいる限り、時代の影響を受けずにいるのは不可能だ。産み落とされた場所で、とにかく生きていくしかないんだろうなあ。(なんか同じようなことをエヴァの感想でも書いた気が…)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://blackblank.blog17.fc2.com/tb.php/171-d703c2fa

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。