FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版;序

ヱヴァンゲリヲン新劇場版;序(2007.10.13/新宿ミラノにて)

10年の時を経て再び映画化されたエヴァ。続編ではなく、本放送を焼き直したような感じでしょうか。細部については、本放送をよく覚えていないのでなんとも言えませんが、全部の場面で「あ、あったこんなこと」と思えたので話の展開は変わっていないはず。私大好きでシナリオ集まで買ったはずなのに話全然覚えてないよ。ショック。復習にはちょうどいいな。
話はヤシマ作戦まで。

* * *

えー、内容にはたいして触れてませんがけっこうツッコミ激しいかも。
一応隠しときます。
* * *

改めて、なんて痛いアニメだったんだろう、と思う。いろんな意味で。

つーかまず映像が怖いんですよ! 血の海! 赤い液体いろいろ多すぎだこの! 使徒も怖すぎだこの!! エヴァも怖すぎだこの! 観ながらしょっちゅう「ひいいいい」と思ってました。グロイ、いろいろと。エロい、いろいろと。本放送時はそんな怖くなかったしむしろあのエログロさが美しいとすら思っていたんだけど。
映画だからノンストップで使徒の攻撃を受け続けるシンジを観てて、なんつーか……ひどいよゲンドウ、って思った(笑)。誰か説明してあげなよ、嘘でもいいから戦う理由を与えてあげなよ、嘘でもいいから認めてあげなよ。ただ連れてきて死ぬかもしれないような敵と相対させて、ハイこれがオマエの運命だ、って、認められるかァーー!! ひどすぎる。
本放送と展開は同じはずなのに、なぜか今ひどいやりきれなさが。いやむしろ今だからそう思えるのかもしれない。こんな横暴があっていいのか。なんか私ずいぶん常識的に腹を立ててる。。

でも、世の中ってそうなのかもしれないなあ。
理由もなく私たちはこの世に産み落とされて、誰もどうやって生きていけばいいのかなんて説明してくれなくて……自分たちが作ったわけでもない過酷な状況の中ぽいと放り出されて、あんたが決めなさい、あんたの責任で生きていきなさい、と突然言われる。誰も自分のことなんて真剣には考えてくれない。傷ついたって倒れたって、世の中は変わりはしない。

案外、ひどいと感じるこの状況も、身も蓋もないリアルなのかも。

まーなんだかんだいって好きなんですけどねエヴァ。
やっぱりすごく美しいと思うし、あれに出会わなかった自分を想像できないし。


ただもうちょっと余韻というか、間が欲しかったなという気はやっぱりしますけどね。エヴァの美しさのひとつに「間」は欠かせないと思うんだよねえ。
間がないせいもあってか、登場人物の会話の電波度が増していた気が。昔はなんの疑問もなく受け入れてたやりとりも…客観的に見るといろいろと…おかしいよ…? ミサトさんもいろいろヒデーな…。
感動的だったはずの「笑えばいいと思うよ」…あそこ、ほんとに笑うところだろうか…。私だったら全力で号泣したいよ! 無事でよかったってそれどころじゃないよ怖かったよおおうって泣き叫びたいとこだよ綾波!! いろんなツッコミが頭の中をぐるぐるぐるぐる!! シンジの泣いたとこはちょっと、うん、よかったけど。

細かいとこ端折られているせいで、子安の出番激減してた(笑)「出てたの?」って言われるくらい印象薄!
最後のカヲルくんでは無闇ににやにやが止まらなくなって困った。わー。結局好きなんだよ! もっと出せー! もっと出せー!
次も観てしまうな、これじゃあ。
今の私に、エヴァがなにを与えてくれるのか、楽しみにしたいと思います。
10年前とは違う答えをくれるんじゃないかと期待。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://blackblank.blog17.fc2.com/tb.php/168-b7be9ed6

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。