FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UDON(DVD)

UDON スタンダード・エディション UDON スタンダード・エディション
ユースケ・サンタマリア、小西真奈美 他 (2007/03/07)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る

ニューヨークで夢に破れたコースケが帰ってきたのはうどんの国・香川県。製麺所を営む実家に帰ると、「何しに帰ってきた」と父親の厳しい一言が。
コースケは借金返済のため、タウン誌の編集部で働き始める。売れ行きも芳しくないタウン誌の売り上げを上げようと、新しい企画を立ち上げる。その名も「うどん巡礼記」。小さなタウン誌の小さな企画が、やがて讃岐の地にうどんブームを巻き起こし――

* * *

う、うーん。話の筋はおもしろいんだけど。
役者さんもいい人ぞろいなんだけど。
うどん、おいしそうなんだけど、でも。

辛口です、ごめんなさい。








なんか冗漫な映画だったなあ…と。
おそらく実際の現地のうどん職人さんたちが出演していたりとか、ちょこちょこ芸人さんやアナウンサーが出演してたりとか、もんのすごくオイシイことはおいしいんだけど。
詰め込みすぎじゃないだろうか…?
エピソードの切り取り方も、人の見せ方も。
なーんか、雑だなあと感じてしまいました。
一画面にいろいろなカットを詰め込むのも、すぐにブツブツ切れるのも、風景の入れ方も、語りの入り方も、私はあまり好きじゃなかったのです。

うどんのおいしさを伝えるとか、父子の関係とか、ブームへの切り込みとか、タウン誌と地域のつながりとか、恋愛にしても友情にしても、半端で、ちゃんと伝わってくるものが欲しかった。あえて切り込まないというスタンスなのはわかるんだけど、それにしても核が感じられないというか…うーん。
あとこれはかなり個人的な趣味ですが、タウン誌の企画に本気で興味津々だったので、中盤で飽きてしまった…! うどん巡礼記をもっとクローズアップするとかさあ…!

スタッフさんは嫌いじゃないし、そこそこそれなりによくできてはいるけど、どこもかしこも掘り下げ不足で、何も考えずに楽しむにはやや鬱陶しくて…満足感は高くなかったよ…。
テレビドラマで2時間×前後編とかならおもしろかったのかな~。

最近観ていた映画がわりといろいろ考えさせる丁寧なつくりのものが多かったので、ちょっとこれはものたりんかった、です。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://blackblank.blog17.fc2.com/tb.php/161-2ec068b2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。