スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チルドレン

チルドレン (講談社文庫 (い111-1)) チルドレン (講談社文庫 (い111-1))
伊坂 幸太郎 (2007/05/15)
講談社

この商品の詳細を見る

最近文庫化が続いていますな伊坂作品。

一見ばらばらの物語だけど、陣内という登場人物を介してリンクしている短編集。
一編一編でも楽しめるし、それぞれの話のつながりで楽しむこともできる。伊坂さんはほんとこういうのがうまいなあ。
陣内は、荒唐無稽でわけのわからない理屈をこねる「非」常識人なのだけれど、独特の迫力と有無を言わせぬかっこよさ、歌の魅力で周りの人間を黙らせてしまう力がある。
腐れ縁の鴨居、銀行強盗に遭ったのがきっかけで親しくなった盲目の永瀬、家庭裁判所の後輩の武藤など、周囲の人たちの目を通して陣内の姿が語られる。

陣内好きだなあー。かかわりたくないけど(笑)、彼の歌はぜひとも聴いてみたい。
伊坂作品はまっすぐな人にも斜めの人にもちゃんと同等のあたたかさをくれるとこがいいと思う。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://blackblank.blog17.fc2.com/tb.php/156-4a8fafaf

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。