FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホタルノヒカリ 9

ホタルノヒカリ 9―IT’S ONLY LITTLE LIGHT IN MY LIFE (9) / ひうら さとる

※ネタバレ!
ああ、とうとう干物女の素敵恋愛が終了…。
無謀だと思いつつもマコトとの恋愛がうまくいってほしいと願っていた私としては、ショックな展開でありました。
やっぱり素の自分を隠して、相手も自分も欺きながらの恋愛じゃあダメなのか…。

この巻でマコトが「どうして一人で恋愛できないの?」って言ってたけど、臆病で自信もない干物女が、それでも恋に立ち向かっていこうとしたときに、誰かの力を借りて何が悪い…。人の手を借りてまで向き合おうとしてたことを認めてあげられないなんて、うう…。
まあ、わかってはいるのですよ。
干物なのが悪いんじゃない。
臆病なのがいけないんじゃない。
それを理由に、隠したり逃げたりを繰り返していたのがダメなんだ。

マコトにとっては、蛍が「一人で恋愛」してなかったのが問題なんじゃなくて、しかも相談していた相手が高野部長で、蛍が明らかに部長に対してマコトに対する以上の信頼感を寄せていたってことがショックで悔しくて許せなかったんだろうな。


しかしこれからどうなるんだろー。
お互いをさらけだしていける高野部長と付き合う、ってのが一番無難な展開だけど、部長とはそれこそ家族のような絆を築いて恋愛に発展しないでいて欲しいんだけどなあ。
(私は、恋愛でなく一生続く絆というのにものすごい憧れを抱いていたりするのです)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://blackblank.blog17.fc2.com/tb.php/153-fdc8eb88

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。