FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死神の精度

死神の精度 死神の精度
伊坂 幸太郎 (2005/06/28)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

この作品の主人公は死神。
死神の仕事、それは、一週間調査をし、担当する人間の死について「可」「不可」の判定をくだすこと。
嫌がらせ電話に追われる冴えない電話嬢、復讐を誓うヤクザ、雪で閉ざされた山荘での連続殺人事件、恋をする青年、殺人犯の少年、などなど、死を一週間前に控えた人間たちと死神・千葉のやりとりをつづった短編集。どれかひとつを、と言われてもなかなか選べない、心に残るエピソードばかりでした。

人間たちはそれぞれ問題をかかえ、日々どうにかしようと、どうにもならないと、足掻いて生きている。
「死にたい」と呟いたり、「死にたくない」と叫んだり、殺してやると思ったり殺されたくないと泣いたり。
それでもどうせいつか私たちは死ぬ。
死神だから人間の考えていることなどわからない、とときおり滑稽そうに人間の悩みを見つめる、千葉のクールな目線はいっそ救いにも感じられた。

「眩しいのと、嬉しいのって、似てるかも」
最終章、とても感動的だったんだけど、この言葉はなんとなく想像しがたかった。
私はきっと、眩しそうな顔をしている人がいたら「悲しいの?」って訊いてしまう気がする。

* * *

個人的に、『重力ピエロ』の彼が出てきたのがたいそう嬉しかったり。
つーか千葉さん、なんかかわいすぎた(笑)人間じゃないからしかたないんだけど、思いっきし天然なんだもの…
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://blackblank.blog17.fc2.com/tb.php/144-e041f019

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。