FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッテリー(映画)

バッテリー(映画)
4/22鑑賞

監督:滝田洋二郎

映像ってすごい。あさのさんがあんなにも言葉を尽くして描こうとしたものを、たった一瞬のショットで、表情で、すべて表してしまうんだもの。

焦点が絞られてとてもすっきりまとめられていて、映画という表現方法の「力」を見せてくれた、よい作品でした。
巧も豪も青波もかなりイメージどおりで、そのまなざしや表情の雄弁さにひたすら驚かされた。子どもたちがすごくよかったなあ。門脇と瑞垣は、どう見ても中学生ではなかったけど…ちょっと笑っちゃったよ…。

主役のバッテリー以外のことはかなり端折られてるし、監督解釈で家族ドラマにまとめられているから、物足りないと思う人もいるかもしれません。都合よくまとめられちゃっている問題もあるし。

でも、原作の散漫で振れ幅の大きすぎる部分を映画はうまくこそげ落として、芯を一本わかりやすく通していたと思う。
滝田監督って、陰陽師にしろ阿修羅城にしろ、原作のエッセンスをすくい上げてそれを自分解釈で再構成する、っていう作品の作り方をしている印象が強いんだけど、今回はそれがうまく作用したなあと。
しかも映像がきれいだった。アングルとか景色とか表情とか。

一本の映画として、心地よい作品だったと思います。

あさのさんがチラッと出ていた。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://blackblank.blog17.fc2.com/tb.php/138-5584b93d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。