スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとがた流し

ひとがた流し (新潮文庫)ひとがた流し (新潮文庫)
(2009/04/25)
北村 薫

商品詳細を見る

朝日新聞に連載されたもの。

アナウンサーで独身の千波。
離婚して娘と暮らす牧子。
写真家と再婚し、娘と3人で暮らす美々。
幼馴染みの女友達3人。中年を迎えてのそれぞれの生き様とつながりを描く。



分量はけっこうあるんだけど、北村さんのやさしい文章と新聞小説という特性もあって、わりとさらさらと読めた。

幼馴染みで近所に住んでいて、そのまま年を取って大人になっても近所で友だちづきあい、という関係は、私の周りにはほとんど存在しないものなので、なんだか新鮮であった。私も母も小さい頃に何度か引越しをしているので、幼馴染みというものがいないので。お留守番頼んだり一緒にゴハン食べたり友だちの娘さんと一緒にでかけたり、なんて、近所では経験したことない。こんな関係もあるのかー、なんて思いながら読んだ。

年代的にもフィットはしないので、共感という意味でいえば少し遠く感じる小説ではあった。でも逆に親の気持ちも子の気持ちも両方に同じくらい距離おいて読めたのかもなあ。むしろ一番近く感じたのは、独身の千波。だからこそ最後はせつなくて悲しくて、あたたかかったなあ。自分がつらいとき、幼い頃からの自分を知っていてくれる人と話せる安堵。自分以外の誰かが、自分の存在を強く願ってくれるという幸せ。じんわりと伝わる思いに、少し心が柔らかくなる感じがした。

たしかNHKでドラマ化もされていたはず。1話だけ観た覚えがあって、その部分だけ千波の言葉が沢口靖子さんの声で聞こえてきちゃったなあ。(私は小説作品を読むときに声を与えないタイプなので、ちょっと失敗したなぁと思った。ドラマはドラマでいい感じだったと思うけど、文字だけの世界に映像・音声が入ってくると調子が狂う。)
スポンサーサイト

ぬるい眠り

ぬるい眠り (新潮文庫)ぬるい眠り (新潮文庫)
(2007/02)
江國 香織

商品詳細を見る


ひさしぶりの江國香織さん。ずっと買ってあったんだけどなかなか読む気がしなくてほったらかしてあったもの。最近なんとなくタイミングな気がして再び手にとってみた。ら、おもしろくするする読めた。

短編集です。
短い話から長い話まで、いろいろ。

表題作がいちばん好きかなあ。「ぬるい眠り」。読みながらずっと不安で、最後にきちんと決着がついたことにひどく安心した。とらわれて抜け出せないことって苦しいよなあ。新しいものが目の前にあっても、自分が可能性を捨てない限り、ずるずると引きずられてしまうっていうこと、ある。
あと「とろとろ」。恋人がいるのに他の人とも関係をもつ女性の話なんだけど、この浮気の考え方が面白い。

私は信二にとろとろになり、はじめて浮気をする人の気持ちがわかった。誰も大きな声では言わないけれど、人間は浮気をせずにはいられない生き物なのだ。誰か一人に全身全霊でとろとろになったまま、平気でいられるはずなんてない。


他の人がこんな気持ちで浮気をするのかは知らないけど、この感覚はわかるなあ。好きすぎるとその人だけになってしまうのが怖くて、なんか違うものに少しでも逃げたくなる。

最初の感想は「自由な人が多いなあ」だったけど、感想書いてるうちに「苦しんでる人が多いなあ」に変わってしまった。奔放とか身勝手とか理解不能とか、世間的常識から少しずれてる行動も、彼女たちが少しでも自分の苦しさから逃れようとしてのことなのかなあ、と思うと、共感と同時にどこかせつなさも感じる一冊であった。

ヤマシタトモコさん新刊3冊

★BLです(※1冊は女性誌)

9月にヤマシタトモコさんの新刊が3冊も出てびっくりした。
タイミング合っただけにしてもすんごい量描いてるなこの人…。

とはいえ、出せば出すほどこの人の作品は自由度が上がってく気がします。出せば出すほど(そしてホモから離れていくほど)好き度が上がる。珍しいな、こういう作家さん。
(だいたいは出せば出すほど作品の重みがなくなって、どうでもよくなってくる)

とくに9月に出たやつはほんと3冊とも好きだなあ。 てなわけで感想。

* * *

MO’SOME STING (ゼロコミックス)MO’SOME STING (ゼロコミックス)
(2009/09/10)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る

ヤクザと自殺志願の弁護士と追手から逃げる女子高生の話。
クマちゃん(女子高生)がとにかくいい~!大好きだこういう子。ヤマシタさんの描く女の子はイキがよくて勘もよくて大変好ましい。ヤマシタさんの作品はBLだろうがホモだろうがかまわずに女性がばんばん出てくるところが好き。対比として出てくるわけじゃなくて人間のひとりとして登場するので男も女も関係ない、と言われてるみたいで非常にすがすがしい。そんなわけで、ホモが出てきますがこれBLなのかはちょっと謎…。
キャラ萌え作品と作者自身が言ってますが、まさに…。名前がみんな動物なのもひそかに好きポイント。キャラ的に個人的ツボはドエスなキツネさんですが、実際にいたら絶対に関わりたくない。
これ長いスパンでシリーズ化してほしい。

* * *

Love,Hate,Love. (Feelコミックス)Love,Hate,Love. (Feelコミックス)
(2009/09/08)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る

これだけBLジャンルじゃないのかな。女性誌で連載された作品。白状するが3冊のなかで一番好きかもしれない。というか自分の漫画の好み的に一番馴染みのある雰囲気の漫画。大学教授のオッサンとバレエ一筋で生きてきたアラサー女子(処女)のお話。ああなんつーかすげえよくわかるよこの主人公の男の人に対する感情。「おまえって言わないでよ」てすげえわかる!てなんか衝撃受けた。
あとバレエに対しての気持ちも。好きなものって長く関わるとすきかどうかわからなくなるんだよね、それでもきっと離れられないもんなんだよなあ。すきを取り戻したときのあのなんともいえない感動って、忘れがたい(まあ、すぐに忘れちゃうんですけど)。

* * *

YES IT’S ME (MARBLE COMICS)YES IT’S ME (MARBLE COMICS)
(2009/09)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る

短編作品集。
一番最初の美大の話が好きだー。かわいい。(でもこの作品の中で何が一番興味深いかって春画をうふふって抱えてった美女がどんな恋愛をしているのかだったりする←本題に全く関係ない)
そして表題作が好きだー。ナルシストが恋に目覚める瞬間。自分ダイスキ男が性格悪いわけじゃないのがヤマシタテイストだなあと思う。
どこもかしこも確信犯だらけの1冊だなあと思うんだ。
そしてこの1冊の中で一番心に残ったのが最後の「夢は夜ひらく」。女の人になりたいコスメショップ店員(男)のお話。なんかジェンダーを扱っているせいかよしながふみさんみたいな印象もあるんだけど、そうかまあようするに私がジェンダー作品が好きなんだよな。ホモ作品に求めてるものってジェンダー考察みたいなところもあるし…。自分が認められない自分を認める過程、みたいなものが描かれてる作品が好きなんだよねえ。(だから最近のBLが好きじゃないんかも)

前に美容院でスタイリストさんと話してたときに「女装趣味の男の人」の話になって、「奥さんとかどう思ってるんですかねー。傍から見たら『キモッ』としか言えないようなオジサンなんですよねああいう人って」と言われてなんだかいたたまれなかった気分を思い出した…。奥さんならともかく、アカの他人がキモッとか言う権利はないと思うんだ、思うのはしかたないけどさ、本人だってそんな自分を認めかねているんじゃないかと思うんだよねえ。

2009年7月読了本

遅くなりました。2009年7月の読了リストです。
友だちに借りたり読ませてもらったりして大漁大漁。
自分で買って読んだ本は…実は少ないです。3分の1くらい?


★はBLです
☆は管理人の別ブログの感想にリンクがはってあります


●漫画
『ホタルノヒカリ 14』(ひうらさとる/講談社)
『電気』(藤田貴美/幻冬舎)
『Coppers 1-2』(オノ・ナツメ/講談社)
『オトノハコ』(岩岡ヒサエ/小学館)
『土星マンション 1-4』(岩岡ヒサエ/小学館)
『夏目友人帳 2-5』(緑川ゆき/白泉社)
『DROPS』(阿仁谷ユイジ/太田出版)

『Gad Sfortunato』(basso/茜新社)★
『やましいからだ』(菊屋きく子/大洋図書)★
『たかが恋だろ』(英田サキ原作、山田ユギ作画/大洋図書)★
『どうしようもないけれど』(夏目イサク/新書館)★
『どうしようもないけれど2』(夏目イサク/新書館)★
『タイトロープ』(夏目イサク/新書館)★
『ベイビ・ベイビ・ベイビィ』(小鳩めばる/リブレ出版)★
『満員御礼 上巻』(真生るいす/大洋図書)★
『夜中に台所で』(せのおあき/オークラ出版)★
『ダブルミンツ』(中村明日美子/太田出版))★
『ジュテーム、カフェ・ノワール』(ヤマシタトモコ/フロンティアワークス)★
『青春鉄道』(青春/メディアファクトリー)←鉄道擬人化本。★


●小説とか
『GLASS HEART 冒険者たち』(若木未生/集英社)
『GLASS HEART 熱の城』(若木未生/集英社)
『イデアマスター GLASSHEART』(若木未生/幻冬舎)

●映画
「MW-ムウ-」(2009.07.06.MOVIX亀有)☆←感想はドラマ、原作含む
「ヱヴァンゲリオン新劇場版;破」(2009.7.23.新宿バルト9)

●DVD
「メタルマクベス」(劇団☆新感線)

●ライブ
GACKT VISUALIVE ARENA TOUR 2009「Requiem Reminiscence Ⅱ Final~鎮魂と再生~」(2009.7.11. さいたまスーパーアリーナ)☆

●イベント
D-BOYS「今年の夏は毎日どこかでD-BOYS♪ウキウキ♪ヤッター♪ホッホホーイ♪」(2009.7.20. アキバプラザ5階・アキバホール)

ごぶさたです

あーわーわー。
こちら全然更新してなかった!すみません。
夏は苦手なものでぐったりとしていて、8月はそもそもほとんど本も読んでないのですが、メモもとってないからリスト作るのに時間がかかるかも…。
なんか気付くとなかなか感想書けないので、いずれ形態を変えようかなあ。1冊ごとに結構丁寧に書こうとすると、どうしても構えてしまって気楽には書けなくなってしまうのがつらい。

最近読んだのでよかったのはヤマシタトモコさんの新刊2冊(BLではない気がする。メインキャラ女性だし)。
ヤマシタさんは正直なところBLよりもこういう女性誌向けみたいな、あるいは少年/青年誌向けみたいなジャンルのほうが本領発揮できそうな気がする。人を好きになる気持ちは肯定しているけれども誰にでもわかるハッピーエンドを目指していない気がするから。
感想は近いうち書きにきます。おもしろかった。

あと久しぶりに江國香織さんを読んでいる。「ぬるい眠り」。ずいぶん前に買ったままになっていた。
小説しばらく読んでなかったけど自分が書き始めるとやっぱり文に触れていたくなる。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。