スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・マジックアワー

DVDにて鑑賞。
三谷幸喜・脚本、監督
佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、伊吹吾郎、西田敏行、ほか



うん、面白かった。
嘘の綱渡り、現実には絶対ありえないだろ~!って思っちゃうレベルのコメディなんだけど、そのありえないレベルの嘘がうまーく転がっていっちゃうおかしさと、そのレベルの嘘に騙されちゃってる人々の可愛らしさと…。みんなとことんどこまでも大真面目だから余計におかしい。泣かせどころで言葉を必要以上に使わないのと、落としどころが気持ちいいのが好きです三谷さん。

伊吹吾郎さんが出てたもんでつい「じい!」って思っちゃったり(@シンケンジャー)、あとエンドロールで小倉敏博さん(@電王のリュウタの中の人)の名前を見つけて思わず最初から倍速再生で探しちゃったよ…。これ、言われて観ないと絶対わかんない!ボス(西田敏行)の子分役でした。
なんとなくスタッフ・キャストともエンドロールかなり真剣に見てしまう癖があるんだけど、こうやっていろいろあなどれない。

深津ちゃんも綾瀬はるかも好きなので観てて楽しかった~。
スポンサーサイト

ヤッターマン

3連休に鑑賞。新宿ピカデリー。
三池崇史監督。
櫻井翔、福田沙紀、深田恭子、生瀬勝久、ケンドーコバヤシ、阿部サダヲ、ほか



ヤッターマン。言わずとしれたタツノコアニメの代表作。の、実写劇場版。
それなりに面白かったです。よくできてたと思うー。
ただなんか…東映の特撮見慣れてしまって、アクションが甘い…とか微妙に気になってしまった。普段は情けなくてもくだらなくてもゆるゆるでもいいの。大事な場面だけ、CGとか特殊効果に頼らずに、キメポーズだけでもビシッときめてくれるといいんだけどな~。なんて。

深キョンのドロンジョ様は可愛かった!恋をしちゃったりとか可愛すぎてせつなくなってちょっと泣けた!あと思いがけずボヤッキーが一途で可哀想な感じで、トンズラーが喋るたびに電王のキンちゃんにしか聞こえなくて困った(笑)。 「我慢、我慢やで、ボヤヤン」とか、いいそうじゃないですか!
あとなんだかんだで阿部サダヲはすごかったよ。陰の主役だよ(笑)。

絵面的には可愛くてよくできていたので、二次創作だと容認できる人にはオススメです。原作に思いいれ強い人にはオススメしないかな~(笑)。
全体的にちょっと長いというか、もうちょっとぎゅっとしてビシッと決めてくれたほうが観やすかった気がします。ヒーローものなのに、もったいない。ある意味アニメに忠実すぎて、2時間が長いよ~って感じでした。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。