FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブクログやってます

だいぶ更新せずにおりすみません。
久しぶりにログインしようとしたら、FC2IDへの移行とかでログインできませんでした…。

最近はブクログさんのほうで感想など書いています。
もし興味がありましたら見てやってください。



スポンサーサイト

ひとがた流し

ひとがた流し (新潮文庫)ひとがた流し (新潮文庫)
(2009/04/25)
北村 薫

商品詳細を見る

朝日新聞に連載されたもの。

アナウンサーで独身の千波。
離婚して娘と暮らす牧子。
写真家と再婚し、娘と3人で暮らす美々。
幼馴染みの女友達3人。中年を迎えてのそれぞれの生き様とつながりを描く。



分量はけっこうあるんだけど、北村さんのやさしい文章と新聞小説という特性もあって、わりとさらさらと読めた。

幼馴染みで近所に住んでいて、そのまま年を取って大人になっても近所で友だちづきあい、という関係は、私の周りにはほとんど存在しないものなので、なんだか新鮮であった。私も母も小さい頃に何度か引越しをしているので、幼馴染みというものがいないので。お留守番頼んだり一緒にゴハン食べたり友だちの娘さんと一緒にでかけたり、なんて、近所では経験したことない。こんな関係もあるのかー、なんて思いながら読んだ。

年代的にもフィットはしないので、共感という意味でいえば少し遠く感じる小説ではあった。でも逆に親の気持ちも子の気持ちも両方に同じくらい距離おいて読めたのかもなあ。むしろ一番近く感じたのは、独身の千波。だからこそ最後はせつなくて悲しくて、あたたかかったなあ。自分がつらいとき、幼い頃からの自分を知っていてくれる人と話せる安堵。自分以外の誰かが、自分の存在を強く願ってくれるという幸せ。じんわりと伝わる思いに、少し心が柔らかくなる感じがした。

たしかNHKでドラマ化もされていたはず。1話だけ観た覚えがあって、その部分だけ千波の言葉が沢口靖子さんの声で聞こえてきちゃったなあ。(私は小説作品を読むときに声を与えないタイプなので、ちょっと失敗したなぁと思った。ドラマはドラマでいい感じだったと思うけど、文字だけの世界に映像・音声が入ってくると調子が狂う。)

ぬるい眠り

ぬるい眠り (新潮文庫)ぬるい眠り (新潮文庫)
(2007/02)
江國 香織

商品詳細を見る


ひさしぶりの江國香織さん。ずっと買ってあったんだけどなかなか読む気がしなくてほったらかしてあったもの。最近なんとなくタイミングな気がして再び手にとってみた。ら、おもしろくするする読めた。

短編集です。
短い話から長い話まで、いろいろ。

表題作がいちばん好きかなあ。「ぬるい眠り」。読みながらずっと不安で、最後にきちんと決着がついたことにひどく安心した。とらわれて抜け出せないことって苦しいよなあ。新しいものが目の前にあっても、自分が可能性を捨てない限り、ずるずると引きずられてしまうっていうこと、ある。
あと「とろとろ」。恋人がいるのに他の人とも関係をもつ女性の話なんだけど、この浮気の考え方が面白い。

私は信二にとろとろになり、はじめて浮気をする人の気持ちがわかった。誰も大きな声では言わないけれど、人間は浮気をせずにはいられない生き物なのだ。誰か一人に全身全霊でとろとろになったまま、平気でいられるはずなんてない。


他の人がこんな気持ちで浮気をするのかは知らないけど、この感覚はわかるなあ。好きすぎるとその人だけになってしまうのが怖くて、なんか違うものに少しでも逃げたくなる。

最初の感想は「自由な人が多いなあ」だったけど、感想書いてるうちに「苦しんでる人が多いなあ」に変わってしまった。奔放とか身勝手とか理解不能とか、世間的常識から少しずれてる行動も、彼女たちが少しでも自分の苦しさから逃れようとしてのことなのかなあ、と思うと、共感と同時にどこかせつなさも感じる一冊であった。

まんがキッチン

まんがキッチンまんがキッチン
(2007/03/22)
福田 里香

商品詳細を見る


細部までかわいい1冊!
少女漫画を中心に、お菓子や食べ物の出てくる部分に視点を絞って解説し、さらにはその漫画をイメージしてお菓子を作っちゃった!という…どこを見ても、著者の食べ物と漫画への情熱というか執着が見受けられる本です。柱には著者の他の作品について関連漫画等を、ページ下にはその漫画での印象的なフードエピソードをと、細かいとこまでびっちりと手の入った作り。
羽海野チカ、くらもちふさこ、萩尾望都、よしながふみなど豪華な顔ぶれとの対談も。


「女の子は可愛くて美味しいものが大好き!」
という本に見えますが、それだけではありませんで。
少女漫画が関係性を描く漫画だという前提で、演出にどう食べ物を取り入れるかという目線で読み解く。気を許した人との食事はとても美味しく感じるし、気持ちが落ち込んでいるときは何を食べても美味しくない。と同時に、好きな食べ物がきっかけで簡単に浮上しちゃうときもある。そんなエピソードを入れるだけで、読者に親近感を与えたり、リアルに感じさせたりできる。

食べるってことがいかに私たちの生活の欠かせない一部なのかがわかる。おいしかろうがまずかろうが、人は食べなきゃ生きていけないからね。いろんな意味で勉強になりました。

告白

告白告白
(2008/08/05)
湊 かなえ

商品詳細を見る


「王様のブランチ」で作家インタビューとともに紹介されていて、面白そうだな~と思ってそのまま書店へGO。最近なかなか本を読み終われなかった私が一気に読了。内容は数人の一人称による告白文が6編で構成されていたので、読みやすかった。読みやすく…そしてその読みやすさとは対照的に、ひどく重い気分になった。
「私の子どもはこのクラスの子どもに殺されたのです」。担任教師の告白、そして復讐。
ひとつの告白をきっかけに連鎖する事件、恐怖、嫌悪、狂気。

「重い話が読みたい!読み応えのあるずっしりとした、読んだあと胸に傷が残るくらいの本を!」といってこの本を選んだのは私自身ですが、こういう感覚は想定していなかったなー。
人が正しいと思うことはこんなに違う。人が同じものを見て同じ事をして感じることにはこんなにずれがある。そのことにいささかショックを受けながらも、言葉はそれぞれ独りよがりで浅はかで、驕りに満ちていて、どの人の告白にも閉口せざるをえない。みんなを否定したいような肯定したいような、どうにも消化できない読後感の悪さ。

傷なんかできなかった。胸の内側にゆっくりと手を差し入れてしずかにかき回されて、最後にひとつガン細胞を置いていかれるみたいな、言葉にできない気持ち悪さ。それだけがずっしりと。

どこまで計算ずくなのか、全然考えてないのか、著者の思惑も気になる…。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。